海外進出で有望なアジア|業種によって経営手法が変わる|手軽に独立できる駐車場経営

業種によって経営手法が変わる|手軽に独立できる駐車場経営

男性と女性

海外進出で有望なアジア

ネットワーク

駐在員事務所という選択

経済のグローバル化によって国内の中小企業でも東南アジアに進出する状況が生まれています。安定した経済成長や政情の安定しているインドネシアに会社設立する企業が多いですが、どのような形態で進出するかがとても大事です。インドネシアで会社設立する場合、営業活動を行わないのなら駐在員事務所の設置が適しています。なぜかというと最低払込資本金がゼロですし、最低投資金額もゼロだからです。ただしインドネシアでの営業活動はできないので、検品作業や業務提携の交渉や物流の管理などに特化した業務には向いています。インドネシアで営業活動を行う場合は会社設立する必要がありますが、その場合は内資法人が有利です。自由な営業活動ができますし、最低払込資本金が少なくてすみます。

優遇税制というメリット

東南アジアの中で企業の進出先としてインドネシアが選ばれるのは、内需が強いこと、アジアでも高い成長率を維持していること、人口が日本の2倍もあることなどが理由です。将来的にはアジアの経済成長の一翼を担う国家だと期待されているのです。インドネシアでは一定の条件をクリアした上場企業には5パーセントの減税があります。小規模企業については50パーセントの減税が適用されるのです。このように外国企業に対する優遇税制があることも会社設立が多い理由になっています。インドネシアの人口は多く内需が強いので、会社設立する場合はマーケット調査が欠かせないのです。販売目標をしっかり立てれば成功する確率は高くなります。そのためには信頼できる現地のパートナーを探すことです。