業種によって経営手法が変わる|手軽に独立できる駐車場経営

ウーマン

海外進出で有望なアジア

ネットワーク

グローバル化で海外進出する企業が増えていますが、東南アジアではインドネシアに会社設立する企業が多いです。内需が強くて政情が安定しており、経済成長を維持しているからです。検品作業や物流管理などの場合は駐在員事務所設立が有利です。最低払込資本金がゼロですみます。営業活動するなら現地のリサーチは必須です。

詳しく読む

独立開業の前に

スーツの男性

飲食店や小売店の独立開業をお考えの方はPOSシステムの導入をお勧めします。在庫や売上管理が効率的になるからです。また、POSシステムに蓄積された情報からマーケティングを行い経営に反映することも出来ます。

詳しく読む

飲食店を経営

握手

評判の店を利用

ラーメン屋を開業する場合に重要な事は、ラーメンの味を向上する事です。近年はネットでのレビューを参考に店を訪れる人が多いために、味が悪い場合は口コミ評価が下がり、その結果として客足も少なくなるために注意が必要です。そのためラーメン屋を開業する場合は、しっかりと他の有名店などで修業をすることが重要となります。また開業をする立地条件も客足に影響します。例えば駅から近い距離にラーメン屋を開業する場合は、多くの人が来客しやすい環境と言えます。反対に郊外店や駐車場が少ない店の場合は、味が美味しくても来客数が少なくなる場合があります。またラーメン屋を開業する場合は、スープの味を1種類にするよりも、複数の味を提供した方がお客が増える傾向があります。

資金が重要です

ラーメン屋を開業する場合は事前の準備が重要となります。例えば開業当初の期間は、まだ店名が知られていない事が多いために来客数が少ない状況になる事があります。したがって開業当初の資金は余裕を持つことを推奨します。資金に余裕がない場合は、店の家賃や光熱費等の出費が大きな負担になるからです。さらにラーメン屋を開業した場合は、多くの人に知って貰うために宣伝も重要になります。雑誌広告に依頼をしたり、自分でブログを開設して店を宣伝する方法があります。雑誌広告は費用が必要ですが、読者数が多いために多くの人に宣伝できるというメリットがあります。他方でブログで宣伝をする場合は初期費用を節約できるメリットがあります。

飲食店などの独立となるとある程度の資金が必要となります。しかし、なかには手軽に独立経営することができるものがあります。それは駐車場経営です。土地を持っている人だけしか経営できないと思っている人いますが、土地を借りて事業を行なうこともできます。また、駐車場の運営もコインパーキングを専門にしている業者に依頼すれば、管理をお願いするだけです。立地条件によって利益が少ないこともあるので、専門業者と相談しながら駐車場経営を選択しても良いでしょう。

日本でも盛んに実施

オフィス

会社の事業の多角化により会社売却が頻繁に行われるようになっています。事業単位でみると必要としている会社とそうでない会社があります。お互いの利害関係が一致することで会社売却は成功します。買い手企業に魅力的に映るものでなくてはならないのです。

詳しく読む